浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

2)青パパイヤ のこと

青パパイヤは栄養と美容のスーパーボール
内容が豪華です。

しかし、食べ方が分からないと手が出にくいもの

1・青パパイヤを半分に切ります。
2・種がある場合はスプーンなどで取り除きましょう。
3・青パパイヤの上下を切り落とします。
4・包丁、またはピーラーを使って皮を剥き、好みの大きさに切ります。
5・切った青パパイヤを10分ほど水につけてあく抜きをします。
6・ザルにあげて水切りをしたら下準備完了です。?(*´?`*)?

一般に酵素は熱に弱い!!
ですから、酵素入りドリンクや顆粒、サプリメントなどは熱処理されていやすい場合、残念ながら「酵素入りだったドリンク」になるんです。

しかし、青パパイヤの「パパイン酵素」は長時間の高温には向かないでしょうが、80~90度でも大丈夫らしくスープにも多く活用されています。

肉が柔らかくなり食べやすいですね。

このパパイン酵素、肉などのタンパク質の消化を助ける効能・働きだけでなく、脂肪や糖質をも分解する働きが確認されています。
ですからダイエット食品や毛穴汚れの美容製品に効果があるのではと注目されているんですね~~

ただし、酵素について理解されている方でしたら、酵素に関してのウソが蔓延していることはご存知の事と思います。
これは、次回にお話しします。

他にも青パパイヤのビタミンCの含有量はレモンと同量
しかし、レモンより食べる量が容易く多く摂れるので、結果的にはパパイヤの方がビタミンCを手軽に摂りやすいと言えるでしょう。

またこのビタミンCは、他の植物のビタミンCより熱に強いと言うのも魅力の1つです。

もう1つの驚きは、ポリフェノールの量。

ナ・ン・ト??赤ワインの約7.5倍

ポリフェノールの抗酸化作用が、体に溜まった活性酸素を取り除いてくれるので、細胞の老化を防止し、血液をサラサラにし、生活習慣病予防、アンチエイジングなどの効能が期待できるでしょう。

喜界島産 青パパイヤは、無農薬、無化成肥料栽培。
ご購入は、JIYUTEI、ビオ・あつみエピスリー浜松店、るる・ビオエピスリー星が丘店にて販売致しております。

明日は定休日の為、お休みさせていただきます。
尚 明日は、名古屋のるる・ビオエピスリー星が丘店にお伺いいたします。


健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。

本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。

JIYUTEI は、オーガニック、自然農法栽培、在来種にこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召し上がれるのです

グラノーラのJIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日