浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

2・化成肥料 のこと

化成肥料を根っこから作物が吸収し、丸々と大きくなっていく訳ですが、当然の事ながら、私たちの体内にも影響は出てきてしまうんですね~~

例えば胡麻。

大きさもさる事ながら、収穫量が三倍も違うんです😵
(化成肥料使用と自然農法との収穫量の差)

農産物の育てられ方が分からなく興味も薄い消費者は、スーパーの陳列棚の中から、綺麗で量が多く安いものを選ぶ訳です。

化成肥料使用と自然農法とでは、大きさも違う胡麻は、同じグラム数でも粒数にしたら大きな差が生まれる訳です。

例えばほうれん草。

葉が青々していて、いかにも新鮮です顔して陳列カゴに鎮座しています。


そこで、店主が1番氣になるのが『硝酸態窒素=硝酸塩』

硝酸態窒素はもともと人間の体に存在しています。
問題なのは、過剰に摂取するという事です。

①硝酸態窒素が体内で肉や魚に含まれるタンパク質と結合して、強い発ガン性物質「ニトロソアミン」を作り、急性毒性は青酸カリ並みとのデータがあります。
 
②メトヘモグロビン血症の発症
主に乳児に発生するもので、胃の中で硝酸塩が亜硝酸塩に変化し、これが血液中のヘモグロビンと結びついて「メトヘモグロビン」になります。
メトヘモグロビンは、酸素を運べないので、酸欠に陥ったり、ひどいときには死亡する例もあるのです。

1980年代、アメリカで赤ちゃんが酸欠によって青くなり、突然死してしまう「ブルーベビー症候群」が世界的にも有名です。

明日に続きます。

JIYUTEI は、自然農法、有機農法、在来種を応援します。

(JIYUTEI 喜界島産 白胡麻は、自慢の自然農法の在来種です。)
本日も ご来店頂きまして ありがとうございました。😊

JIYUTEI 店主

 
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日