浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

3)塩の話 のこと

世界で生産されている塩の 2/3 は岩塩って知ってました?

日本では古来より海水を煮詰めて塩を作ってきました。

これは、岩塩層がないことと、多雨多湿な気候なので天日塩の製造に適さない為でした。(日本国内で作られる天日塩はビニールハウスの中で作られています)

3千年前の縄文人の遺跡から、塩を作った壷やカメが出土しています。
そんな昔から 日本人は海水を煮詰めて塩を作っていたのですね。


人間は一日に12~15gの塩が、生理的にどうしても必要なのだそうです。

しかし、ミネラルが殆ど無かったり ミネラルバランスの悪い塩摂取の影響も手伝い、一日に摂る塩の目標量が男性(12歳以上)は8.0g/日、女性(10歳以上)では7.0g/日未満となっています。(平成29年4月現在)


昔は、重労働や熱作業に従事する場合は、40~50gと塩の摂取量が増し身体の調節をしていました。
これは、汗と一緒に必要なミネラルが失われるから。


スーパーの塩陳列棚には、イ オン交換膜法よりも逆浸透膜法の塩が人気です。


『デジタル大辞泉より

海水の淡水化や果汁の濃縮などに利用される半透膜。高濃度の溶液と低濃度の溶液を半透膜で隔て、高濃度側に浸透圧を上回る圧力をかけることで、低濃度側に水分子を移動させる。RO膜。』

専門家によると、逆浸透膜は淡水とその他を分ける程のかなり細かいフィルターを通すわけだから、硫酸カルシウムをはじめとする多くのミネラルがフィルターに詰まり、海水由来のミネラルバランスが損なわれる可能性が強いと言われています。

しかも立釜(真空蒸発缶)ですので、完全密閉型蒸発缶をにて、減圧または加圧状態で加熱蒸発させて、塩水を濃縮または結晶化します。

JIYUTEIの天然塩は、多段階式の大平釜の温度を少~しづつ高くして煮詰めていく丁寧すぎる製法です。


JIYUTEIは、喜界島の黒潮天然塩。

海水の汲み上げから煮炊きまでたった1人で作られます。
正直すぎてごめんなさいね。
大量にはできません。


貴方は本当の健康が欲しいですか?
健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種にこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

JIYUTEI 店主

JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日