浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

本物を探して のこと

筋子を購入して、自宅でイクラの醤油漬けにしている方はどれだけいるのでしょう。


イクラと言えばコピー食品の代表格。


イクラ価格高騰の原因は、2年連続の秋サケの歴史的不漁にあります。


しかしイクラ好きの日本人は、安価でしかもイクラを沢山食べたい欲求に勝てません。

そこでお目見えするのが添加物。


イクラのコピー食品は、植物油脂とグルタミン酸ナトリウム、アルギン酸ナトリウムなどの添加物で作られた「人造イクラ」=「サーモンドロップ」。

当然ですが、「本品はイクラではありません」の表示は必要です。


しかし最近のイクラ事情は少し違います。

サケの代わりにマスの卵を使い出しました。

これはマスなので表示はイクラになります。

それならば何が問題なのか?

それは、マスコは、赤みが薄く粒に張りがなく味が淡泊。
つまり、イクラのように美味しくない。


そこで登場するのが添加物。

発色剤の亜硝酸塩でピンク色にし、化学調味料、還元水飴、魚介エキスで美味み添加。

言わずと知れた『亜硝酸塩』は、人間の胃の中に含まれるアミン類と反応してニトロソ化合物という強烈な発がん物質を生成します。

一時期、ハムやソーセージで脚光を浴び嫌われた添加物ですね。


また、化学調味料=グルタミン酸ナトリウムと言うくらい何にでも入っている魔法の白い粉は、アメリカでも規制は厳しくベビー食品は使用禁止ですし、他の食品でも『NO MSG(グルタミン酸ナトリウム不使用)』の表示がないと売れないそうです。

弘前大学医学部の実験では、味の素(主成分はグルタミン酸ナトリウム)を多く摂取したラットの結果で緑内障(日本での失明原因のトップ)に罹ったという結果が出ています。


安い話には裏があるものですね。


JIYUTEIのオーガニックグラノーラは本物の素材のみで作られています。
グラノーラ素材も、安い裏話が満載ですから💧


【お知らせ】
明日は、パルパルイベントの為、JIYUTEIはお休みさせていただきます。


貴方は本当の健康が欲しいですか?
健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種にこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日