浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

1)カビと共存できなくなった日本人 のこと

一般にカビと呼ばれるものは真菌類です。

味噌、醤油、納豆。
どれをとってもカビの力を借りています。
私達の身体もそう。


日本人は、いいえ 人間は昔からカビと共存しているのです。


カビの中でも「カビ毒」と呼ばれるものがあります。

聞いただけで震えますね~~💧


しかしカビは、キノコ、酵母とともに真菌類 と呼ばれ、原生生物に含まれます。


この真菌類はさらに、『鞭毛菌類、接合菌類、子嚢菌類、担子菌類(キノコ)及び不完全菌類』に分類されます。


カビという呼び名はいわゆるニックネーム。
知ってた⁇


通常、不完全菌類、子嚢菌類そして担子菌類の一部と酵母 の一部のうち、食品などの上で増えて肉眼で見えるようになる種類をカビと呼んでいます。



一般に言われる農作物に生えるカビは、農作物が生産される農場や輸送、貯蔵等の段階で温度、湿度、酸素などの増殖条件が整うと作られ増えます。
近年では温暖化の影響があり、大きな影響が生じています。
(内容がパッとしないのでマスコミ的にはクローズアップされていませんが。)

そもそもカビ毒とは・・・・・
『植物病原菌であるかびや貯蔵穀物などを汚染するかびが産生する化学物質で、人や家畜の健康に悪影響を及ぼすものをいいます。かび毒のことを “マイコトキシン(mycotoxin)” ということもあります。(SNS農林水産省より)』


暖かくなると兎角言われるのがカビと除菌。

何かの一つ覚えのようなフレーズに嫌気さえ覚えます。


除菌・除菌・除菌


私達の身体の中のカビはいくつあると思いますか?

明日に続きます。


【連休情報】
5月4日(前嶋屋 煌めき市参加の為 お休み)
5月7日/5月8日


私たちの身体は、食べ物が元で養われています。
学びは、自分でする選択の教科書。
買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援なのだから。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。
貴方の心と身体は、豊かで健康ですか?

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


JIYUTEI 店主

エントランスより
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日