浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

3)カビと共存できなくなった日本人 のこと

カビ毒として報告されている主だった種類についてご紹介します。
【アフラトキシン】
・発ガン性のあるカビ毒として最も有名。
・熱帯や亜熱帯地方の農作物(トウモロコシ、ナッツ類、唐辛子、蕎麦粉等)に多く存在する〈国内産の農作物では報告事例がない〉
【オクラトキシン】
・腎毒性や肝毒性のカビ毒
・日本ではハト麦や蕎麦粉、ライ麦から検出されているが、汚染は非常に稀
【ステリググマトシスチン】
・発ガン性
・穀類が中心〈日本での汚染事例はほとんどない〉
【デオキシニバレノール】
・嘔吐・腹痛・下痢等
・麦類やトウモロコシ製品から検出されている
・小麦での基準値は1.1ppm以下と制定
【シトリニン】
・腎機能障害や腎臓がんの原因
・蕎麦粉、ハト麦、ライ麦粉に限られるが、国内での汚染事例は非常に少ない
【パツリン】
・消化管の出血や充血、潰瘍などが見られるカビ毒として知られている
・林檎果汁での汚染が多い〈林檎果汁のパツリン含有は50ppb以下と制定〉

林檎ジュースの原材料の80%は輸入となっているが、いかんせんデータが2006年と古すぎる。
しかも、最終加工が国内ならば『国産』表記になるので悪しからず・・・・・


当然の事ながら、カビ毒が発生していたら廃棄するのかな?????

例えば、食用油の原料のトウモロコシなどがカビ毒に汚染されていた場合。

『食用油の製造工程には、原料油に含まれる不純物を除くために、『脱酸工程、脱色工程、脱臭工程 』など多くがあります。
この脱酸工程で『食品添加物のアルカリ剤』が使用されますが、これで大半のカビ毒が分解されます。
更にその後の精製工程で分解し、製品になるまでに完全に除去されます。(食品衛生の窓より引用 』

さすが化学物質~カビ毒はアルカリ剤に弱いのね~~
猛毒も一挙に分解💧


カビはニックネームで、専門的には「真菌」や「菌類」といいます。

真菌と細菌は同じだと思われがちですが、実はまったく別のものです。

細菌はむき出しの細胞内にDNAがある「原核生物」であるのに対し、真菌は細胞内の膜に包まれた核の中にDNAがあり、『人間と同じ「真核生物」』なのです。

つまり、カビのほうが細菌よりもはるかに進化した高等生物といえます。

ただ、細胞構造が同じため、カビに効く薬は人間の細胞にも悪影響を与えてしまいます。


さあどうする人間達よ‼


明日に続きます。

次回のお休みは、5月7・8日(火・水曜日)です。


私たちの身体は、食べ物が元で養われています。
学びは、自分でする選択の教科書。
買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援なのだから。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。
貴方の心と身体は、豊かで健康ですか?

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日