浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

飲むかゆみどめ のこと

『12時間持続する飲むタイプのかゆみ止め。我慢できないかゆみは内側から治す!眠くなりにくい処方設計・いろんな種類のかゆみに・12時間効果が持続・全身のかゆみを抑える』

夢のような文言にウットリ~~

私たちの皮膚の中にはヒスタミンを作る細胞がある。と、『痒みと痛み』でお話ししましたね。
だから痒みには抗ヒスタミン薬が活躍するのです。


しかし、この薬は抗ヒスタミン作用により脳の活動が抑えられ眠気が辛い方も多くいらっしゃいます。

また、顔や手足の筋肉がぴくつく、一時的にボーっとして意識が薄れるなどの症状がみられる場合もあるのです。


1.肥満マスト細胞からの化学伝達物質の放出をおさえる薬:肥満細胞からの化学伝達物質の放出をおさえ、アレルギー反応をブロックする。
2.抗ヒスタミン作用を併せ持つ薬:肥満細胞からの化学伝達物質の放出をおさえる作用にあわせて、ヒスタミンの働きをおさえる。
3.トロンボキサン合成阻害・拮抗薬 気道の炎症を引きおこすトロンボキサンA2の合成を阻害したり、働きをおさえる。
4.Th2サイトカイン阻害薬:アレルギー炎症を起こす物質の産生をおさえる。


そこで登場なのが、「眠くならない」をうたった薬。

最近の薬には第一世代と二世代があるのをご存知でしょうか?

これは、「第一世代は古くから使われている薬で、速効性や鼻水を止める作用に優れていますが、眠気が強く、便秘・口の乾き・眩しさといった副作用も多い。第二世代は新しい薬で、眠気などの副作用が少なく、現在の鼻炎治療の主流として使われています。」


しかしこれらの薬を飲むことによって『アトピー性皮膚炎を緩和することが出来るらしい。』が、『完全に止めることはできない』とお墨付きがありますよーー

その薬、痒みの元を治してますか?

私達の身体は、食べたもので出来ています。

食を身体を真剣に考えてください。

学びは、自分でする選択の教科書。
買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援なのだから。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。
貴方の心と身体は、豊かで健康ですか?

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日