浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

2)種無し果物野菜 のこと

通常の実のなり方は、受粉をした花にやがて子房がふくらんで実になります。
当然ですが、その実の中には種があり脈々と遺伝子が引き継がれていきます。

最近の種無し葡萄は、『ジベレリン処理』により種が無く食べ易くなるのですよ。

ここで聞き慣れない『ジベレリン』とはどういったもの?

コレは、『イネ馬鹿苗病』というカビの一種が寄生し、その原因毒素を言います。
それは、『植物ホルモン』のひとつで、立派な化学合成農薬です。

発見したのは1926年、日本人です。

『ジベレリンは農薬として浸漬や噴霧散布等をし、種無しブドウの生産、果実の落下防止、成長促進などに用いられることが多い。こうした操作を「ジベレリン処理」という。
「ジベ処理」と略することも多い。(ウィキペディアより)』

ジベレリン処理の効果は、
1.茎や葉を伸ばす(伸長成長促進作用)
2.受精なしに果実を大きくさせる(単為結果)
3.開花を早める(開花促進)
4.休眠中の種子を発芽させる(休眠打破)


ここで言う種無し葡萄の期待効果は1,2番。
種が無く 大玉の実をつけさせる。

実際にどのように種無し葡萄を作るのでしょう。

葡萄の花が咲いた頃にコップに注いだジベレリンの溶液に葡萄の花を一房一房に浸していきます。
1度目は種無しにするために、2度目は粒を大きくするために使います。


明日に続きます。


JIYUTEIのパッションフルーツは香りと味が違います。
安心の農薬、化成肥料、除草剤不使用栽培の喜界島産。
ビオ・アツミ・エピスリー各店で販売中。
今年は数が少ないので、お早めにゲットしてください。


貴方のチョイスが明日の身体を作ります。
学びは、自分でする選択の教科書。

買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。

JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日