浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

アクリルアミド のこと

フライドポテト、ポテトチップスが嫌われる原因の1つにアクリルアミドの問題があります。


食品安全基本法の元、平成15年7月1日に内閣府に食品安全委員会が設置されて16年。

食品中の様々な危害要因(ハザード)として、加工中に生成される汚染物質『アクリルアミド』があります。


『2002年4月、スウェーデン政府は、ストックホルム大学と共同で行った研究の結果、ジャガイモのようなデンプンなどの炭水化物を多く含む食材を高温で加熱した食品に、遺伝毒性及び発がん性が懸念される化学物質である「アクリルアミド」が生成されるということを発表しました。
その後、世界各国で研究が進み、高温により食品中のアミノ酸の一種であるアスパラギン がブドウ糖、果糖などの還元糖と反応してアクリルアミドへ変化することが明らかになって います。(食品安全委員会より)』


融 点(固体が溶けて液体に変化するときの温度)は84.5 °C 、常温では無臭白色結晶で、水やアルコールに溶けやすいのが特徴です。
しかし、室温では安定していますが、紫外線や熱には不安定で重合し易い‼

どれだけ危ないかと言うと、毒物及び劇物取締法上の『劇物』に指定されています。


アクリルアミドは、加工調理の過程で120°C以上の高温加熱により、食材の天然の成分からできます。

世界的な指針として、最も数字的に危ういとされるのがフライドポテト。
次いでポテトチップス。



フランスでは、デンプンを多く含む食品を加熱するときに生成されるとして、日常の食品からアクリルアミドを減らすためのウェブ冊子を発行しています。

ここ日本では、開示はされているので知らないのは知らない人のせいになります。

是非とも多くの情報を入れておきたいものです。


貴方のチョイスが明日の身体を作ります。
学びは、自分でする選択の教科書。

買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


明日と明後日は、お休みさせていただきます。

JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日