浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

3)卵事情 のこと

生卵、冷凍液卵、乾燥卵に続く卵は、ゲノム編集卵です。


これは業務用というより、医薬品を優先に開発されています。



「オボアルブミン」「オボトランスフェリン」「オボムコイド」「リゾチーム」などは、卵の中で分泌されるタンパク質。


生物のタンパク質の全てに含まれる遺伝子情報は、アレルゲンの遺伝子情報も持っています。


つまり遺伝情報を自在に変えられるゲノム編集では、このアレルゲンの遺伝子情報を壊してしまい、アレルゲンを作れない状態に変えてしまう事が可能です。




既に、アレルゲン性のあるタンパク質がない鶏を作製した研究チームですが、2019年7月には、卵の中に薬の成分を大量に作ることに成功し、なんと1個の卵で3億円相当の薬の成分が出来上がったのだそう。


これは、細胞を元に卵白中にヒトインターフェロンβを生産する鶏を作製したもの。
「インターフェロンは,生体の免疫を活性化させる働きのある生理活性蛋白の一グループ。抗ウイルス作用や抗癌作用を利用した医薬品として使われている。(コトバンクより)」




近年 バイオ医薬品などでは、組換えタンパク質を低コストで作り出す「生物工場」が大注目。

ヤギを遺伝子改変し乳汁に医薬品となる有用組換えタンパク質を作らせたり、遺伝子改変イチゴを用いてイヌ歯肉炎軽減剤が実用化されています。


私たちが無頓着な毎日を過ごしている間にも、動植物は人間により違う生き物に変えられているのです。



また、ゲノム編集技術の安全性には疑問を持つ研究者が後を絶たないことも事実です。




JIYUTEIは、在来種の応援をしています。

貴方のチョイスが明日の身体を作ります。
学びは、自分でする選択の教科書。

買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。
本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。

明日は定休日の為お休みさせていただきます。



JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日