浜松市中区のJIYUTEI(ジユウテイ)です!有機JAS,海外オーガニック認証、有機栽培や自然農法の喜界島在来種素材を使用した「オリジナルグラノーラをはじめ、ナチュラルフード」を販売しております。

最大の自己防衛   のこと

連日JIYUTEIのお客様には、セミナーや店内でのプチセミナー、店外の講習会にてお世話になっております??


復習も兼ねての日常の投稿を、本日させていただきます。




1998年ノーベル生理学・医学賞を共同受賞した科学者ルイ・J・イグナロ博士。

「循環器系における情報伝達物質としての一酸化窒素の発見の功績」での受賞です。


セミナー参加者さん??注目


UCLA医学部薬理学科名誉教授でもある彼は、新型コロナウイルス感染症の治療に『一酸化窒素を使う』臨床試験を行なっています。


『一酸化窒素は、体内のすべての臓器内にある動脈によって生成される気体分子であり、循環機能を調整する役割を持つ。一酸化窒素には、動脈を取り囲む筋細胞(平滑筋)を弛緩させる機能があり、これが血管の拡張を引き起こす。

こうした生理的作用の結果として、動脈内の血圧が低下する。拡張した動脈を通じて、すべての臓器への血流量が増加する。』


ちょっと難しい文言ですが、つまり血管の構造でいう大きく三層に分けていうところの真ん中の筋線維が、ゆるんだように広がって血液の流れが良くなると言ったところでしょう。

この一酸化窒素。


鼻呼吸で発生させているんです。
鼻から息を吸うと、鼻粘膜で生成された一酸化窒素ガス。



コレが吸い込まれて肺に入ると、気道が広がり脳や全身への酸素の供給が促進されるツー分けですから、いかに呼吸が大切かお分かりですよね~?
このプロセスにより、血管や筋組織がリラックスする??

イグナロ博士によれば、より多くの一酸化窒素を肺に取り込めば、ウイルスや細菌から身を守ることにつながる可能性もあると言います。


セミナー参加者さんには多くが理解されることと思われますが、知識の挿入は明日の貴方を強くし詳しくはJIYUTEI店主の鼻呼吸のセミナーにご参加下さい。


学びは、自分でする選択の教科書。



買い物は、貴方が選ぶ農家、商店、企業の継続応援。

買う事で人を苦しめている事があります。

人権を念頭に置く購入を。

ジェノサイド撲滅。

日本で、世界で今起こっていること、関わっていること。

JIYUTEI は、オーガニック、自然栽培、在来種、エシカルにこだわります。
だからJIYUTEIのオーガニックグラノーラは、安心して召しあがれるのです。

健康は、自分で判断し選ぶ時代だとJIYUTEIは考えます。

本日も ご来店くださいまして ありがとうございました。


JIYUTEI 店主
JIYUTEI(ジユウテイ)
浜松市中区佐鳴台4-11-45
グレース名倉107
053-528-7228
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日/第2・第4火曜日